汗の臭いに半身浴や岩盤浴は効果がある?お風呂で汗腺を鍛える方法

岩盤浴や半身浴で汗が変わる?

汗をかくのには様々なシチュエーションがあります。
運動した時の汗は臭いが気になるのに、半身浴の汗は臭いが気にならないと言う方も多いのではないでしょうか。
では、それはなぜでしょうか?
このページでは、その理由について考えると共に、汗をかいても汗臭くならないための対策を探していきます。

 

運動で出る汗と半身浴や岩盤浴で出る汗は違う?

汗をかくとべたついたり汗臭くなってしまうため、汗を嫌煙する人も多いかもしれません。
ですが、汗は健康にとっても美容にとっても必要不可欠なものなのです。

汗が必要な理由とは?

汗をかくことで代謝が上がります。
代謝が上がると美肌効果やデトックス効果、ストレス軽減効果などが期待できます。
逆に汗をかかないということは、「基礎代謝が低い」と言うことが考えられます。
汗をかきにくい状態というのは、体内の熱を上手く放出できず疲れがたまりやすくなったり、病気の原因になることも考えられます。
ではしっかり汗をかくためにはどうしたらいいのでしょうか?
方法は大きく分けて2つあります。

  • 1つは、しっかりと運動をして汗を流す方法。
  • 2つは、半身浴や岩盤浴など外部から体を温めることによって汗を流す方法です。

では、この2つの方法でかく汗にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

汗には種類があるの?

汗には出てくる汗腺の種類によって2種類があります。
1つはエクリン腺、もう1つはアポクリン腺です。

 

管理人

 

エクリン腺とアポクリン腺って…??

 

エクリン腺って何?

エクリン汗腺は、全身にある汗腺です。

エクリン腺とは全身にある汗腺で、このエクリン腺から出る汗はサラサラとしており強い臭いはありません。

アポクリン腺って何?

アポクリン腺は体のきまった部分にある汗腺です。

逆にアポクリン腺は脇の下など体のきまった部分にのみ存在する汗腺で、このアポクリン腺から出る汗は白っぽく粘り気があります。
これは、エクリン腺から出てくる汗と違い、たんぱく質や鉄分が含まれているからだと言われています。

 

運動で出る汗と半身浴や岩盤浴で出る汗は何が違うの?

このように汗には2種類ありますが、運動で出る汗と半身浴や岩盤浴で出る汗は、実は基本的にはほとんど同じものです。
どちらも殆どが水で、尿素やアンモニア、塩分などが少し含まれているだけなんですね。

 

では運動で出る汗は臭いが気になり、半身浴や岩盤浴で出る汗は臭いがあまり気にならないのはなぜでしょうか?

 

運動して汗をかくとき

運動した際に出る汗は、熱を持った筋肉を調整する為に出ている汗です。
汗としては体を温めた場合のものとほとんど変わりませんが、筋肉で発生した老廃物を含んでいるため少し濃度が濃くなっています。
では、運度して汗をかくと臭いが気になるのはなぜでしょうか?
運動をして汗をかく状態というのは体の中が活発に動いているということなので、汗腺以外の部分も活性化しています。
つまり、汗腺だけではなく同じ場所にある皮脂腺なども一緒に活動します。
またエクリン腺だけでなくアポクリン腺からも汗をかきます。
運動して汗をかいたときには、皮脂やニオイが気になる汗も含まれているということです。
そのため、運動してかく汗は少し臭いが気になるんですね。

 

半身浴や岩盤浴で汗をかくとき

半身浴や岩盤浴でかく汗は、高い外界の温度に対応して体温を下げる為に出ている汗です。
運動をした際に出る汗と違い、体温を調整するために出ているんですね。
そのため、汗腺だけが活発に働きます。
つまり、半身浴や岩盤浴でかく汗は単純に99%が水分のサラサラとした汗だけなので、匂いが気にならない んですね。

 

汗の臭いに半身浴や岩盤浴は効果があるって本当?

汗の臭いが気になる人は、半身浴や岩盤浴をすると臭いを軽減出来ると聞いたことはありますか?
確かに半身浴や岩盤浴には、汗の臭いを少なくする効果が期待できます。
ではそれはなぜでしょうか?

 

汗腺は衰えます!

普段汗をかく習慣のない人は、汗をかくための汗腺が衰えています。

汗腺が衰えるのは何故?

汗腺は、人間の体全体におよそ200万~500万個あると言われています。
汗をかかない状態が長く続くと、有効に機能する汗腺がどんどん少なくなり汗をかかない体質になってしまうんです。
特に日常的に運動をする習慣がなく、更に1日中冷暖房のきいた部屋にいるような方は、このような状態になりやすいので注意が必要です。

ダラダラ汗の原因とは?

汗腺のはたらきが衰え気味の方は、気温の変化があったとき機能している汗腺だけから汗が出てきます。
全身の汗腺が機能している人に比べて、だらだらと汗をかくようになってしまうんですね。
特に体の汗腺が弱まっているのに顔の汗腺だけが働いている場合が多く、そのような場合は顔だけから大量に汗をかいてしまうことになります。
衰えた汗腺からアセをかくと、通常の機能した汗腺から出た汗と比べて、ミネラル分が多く含まれるようになります。
ここまでで説明したように、汗に含まれる水分以外の濃度が上がれば上がるほど臭いは気になりがち。
汗腺が衰えると汗が臭くなってくるのは、このような理由からなんですね。

汗腺は肌トラブルにも関係している?

また汗腺が機能しなくなると、同じところにある皮脂腺などもうまく働かなくなってしまいます。
結果的に、毛穴が詰まりやすくなり肌荒れなどの原因にもなってしまうのです。

 

汗の臭いが気になる人は汗腺を活性化させよう!

では、衰えた汗腺を再び働くようにするためにはどうすればいいのでしょうか?
衰えた汗腺は汗をかくことで、再び活発に働くようになります。
更に、汗腺が活性化することで汗の中に含まれるミネラルなどの成分が減り、あせのタイプもさらさらの汗になっていきます。
汗をかくための方法としては、

  • 運動をする
  • 半身浴や岩盤浴に入る
  • サウナに入る

などがあります。
汗の臭いに半身浴などが効果があると言われるのは、半身浴・岩盤浴で汗をかくことにより衰えている汗腺が再び活性化するからなんですね。

半身浴・岩盤浴で汗腺を鍛える方法紹介!

弱まっている汗腺は、入浴習慣によって回復をはかることが出来ます。
ここでは、具体的にどのようにすれば汗腺が回復するかについて検証していきますね。

 

半身浴で汗腺を鍛える方法とは?

半身浴とは、ぬるめのお湯にみぞおちあたりまで浸かることを指します。
誰でも汗をかくもの、と思われる方も多い半身浴。
ですが、汗腺が衰えているといくら長時間半身浴をしても汗をかかないこともあるようです。
では、半身浴で効果的に汗をかき、汗腺を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか?

 

半身浴のポイント1・水分補給で汗をかこう!

半身浴で大切なのが、水分補給です。
はじめる前には、しっかりと水分をとりましょう。
可能であれば、半身浴をしている途中にも水分補給をするとより良いと言われています。
水分をたくさんとると、お腹がいっぱいになったりトイレが気になるという人は、水をしばらく口に含んでおくだけで水分補給と似た効果を得ることができます。
なんと、水を口に含んでいると脳が水分が体に入ってくると勘違いするため、汗をかきやすくなるんですね。

半身浴のポイント2・ストレッチもあわせるのがおすすめ!

同時に半身浴をしている途中は、ストレッチなどで体を軽く動かしましょう。
筋肉を動かし体を中から温める効果と同時に、汗腺も働きやすくなります。
少しのストレッチを取り入れることで、ダイエット効果も高まります。
ただし、お風呂の中で無理な動きは危険ですのでシンプルな動きに留め、くれぐれも怪我には気を付けてください。

半身浴のポイント3・入浴剤も利用しよう

また、入浴剤も上手く活用しましょう。
トウガラシエキスなど発汗を促す効果のある成分を含む入浴剤は、特に効果的です。
重曹やお酢、バスソルトなども上手に活用しましょう。

半身浴のポイント4・汗腺に自信のない人は全身浴から!

これで汗がかけない場合は、まず通常のお風呂(全身浴)やサウナなどで汗が出てくるか試してみましょう。
皮膚がより高い温度になることで、体温調節のために自然と汗が出てくるようになりますので、自分の汗腺に自信のない方は半身浴をはじめる前にまず全身浴やサウナなどを日常の中で積極的に取り入れてみて下さい。

 

岩盤浴で汗腺を鍛える方法紹介!

岩盤浴って何?

天然鉱石から出る遠赤外線で体を温めます!

岩盤浴はサウナに比べて温度が低く、およそ45度程度のところが多いようです。
岩盤浴に使われる天然鉱石からは、遠赤外線が放出されています。
そのため、深部から体全体をより温めることができるんですね。

 

半身浴のポイント1・水分補給を忘れずに!

岩盤浴をする前には、半身浴と同様しっかりと水分補給をするようにしましょう。
岩盤浴の途中で水分補給をすることが可能であれば、より効果的です。
しっかりと水分をとることで、脱水症状を予防すると共に、たくさんの汗をかきやすくなります。

半身浴のポイント2・軽く準備運動を行おう!

また岩盤浴の前にも、軽くで良いのでストレッチを行いましょう。
体の筋肉が活性化し、より体が温まりやすい状態になります。

 

岩盤浴の効果的な方法とは?

効果的な岩盤浴の方法は、
うつ伏せを10分→仰向けの状態を10分→休憩を5分とる、このような流れです。
これを1セットとして4~6セットを目安に行いましょう。
休憩中には、しっかりと水分補給をすることが大切です。
岩盤の最中には、ゆっくりと深呼吸をするように心がけるとリラックス効果が高まります。
背中や肩などの冷えが気になる方は、うつ伏せの状態を少し長めにすると体を温める効果がより高まるので試してみて下さいね。
岩盤浴にはデトックス効果があり、体の中の老廃物を体外に排出するのを助けます。
汗腺を鍛えることができると同時に、体内の老廃物を排出することで、より汗の臭いの気にならない状態に導いてくれます♪

 

 

お風呂でも簡単に汗腺を鍛えられる?

また、半身浴と岩盤浴以外にも自宅のお風呂で簡単に汗腺を鍛えることができます。
その方法をご紹介しましょう。

お風呂で出来る汗腺トレーニング!

まず、湯船に少し熱めのお湯を少なめにためます。
お湯の温度は42℃から45度程度が目安ですが、熱いお風呂が苦手な方はしんどくならない程度に様子を見て行うようにしてください。
お湯をためたら、湯船の中に四つん這いになる状態で肘から先と膝から下をお湯に浸けます。
この状態で10分~15分温まりましょう。
四つん這いの状態がつらい方は、お湯をひざ下になる高さまでためて、お風呂椅子に座った状態で少し前かがみになり肘から先と膝から下を浸けてもいいですね

 

頭部から遠い手足の汗腺は、機能が落ちやすいと言われています。
そのため、このように少し熱めのお湯に浸けることで、積極的に鍛えるのが効果的なんです。
腕や足の血液が温められると、その血液が全身に行き渡ります。
それにより、体が中から温まりじっくりといい汗をかくことができるのです。

 

この方法を2~3週間続けることで、手足だけでなく全身の汗腺を活性化させることができます。
手足を温めた後は、湯船に水を加えてぬるめのお湯で半身浴をすればよりさらに効果的です。
半身浴の温度は35℃から38℃程度、季節によって風邪をひかない程度に温度を調整しましょう。
しっかりと手足が温まっていると、ぬるいお湯でも短時間で汗をかくことができます。
このように、体の中から温まり汗をかくことで、お家でも効果的に簡単に汗腺を鍛えることができるのです。

 

汗の臭いに半身浴や岩盤浴は効果がある?お風呂で汗腺を鍛える方法・まとめ

いかがでしたか?
汗をかくにも様々な方法や状況があります。
汗腺を積極的に鍛えることで、美容や健康に効果があるだけでなく汗の臭い対策にもなるんですね。
しっかりと汗をかけるというのは、熱中症予防にもつながるようです。
自宅でできることから少しずつ、普段の生活でしっかりと汗をかく習慣を身につけたいものですね。