汗の臭いが衣服につく!防止方法やインナーなどの臭いをとる方法とは?

服などについた汗の臭いは何とか出来る?

汗ばむ季節になると、自分の体のにおいだけでなく衣服の汗臭さも気になりますよね。
体の臭いは洗ったら落ちますが、衣服やインナーに汗の臭いが染みつくと普段通りに洗濯をしてもなかなか臭いが取れなかったりします。
せっかく洗った洗濯物が汗臭いと、テンションも下がりますよね…。
このページでは、衣服についた臭いをとる方法を検証していきます!
臭いをさっぱり落として、くさい季節をさわやかに過ごしましょう!

 

汗の臭いが衣服につくのは何故?

そもそも衣類に汗の臭いがついてしまうのは、なぜなのでしょうか?
汗自体が臭いからだと思われがちですが、実は汗自体は本来純粋な水がほとんどなので臭いは強くないのです。
では、汗をかくと衣類が臭くなってしまうのはなぜでしょうか…?

 

管理人

 

服が臭くなる原因って?

 

服がクサイのは汗のせいじゃない?

衣服が汗くさくなる原因は、実は汗自体ではないのです。
このサイトの一番最初のページで説明があるように、体の表面には多くの常在菌が付着しています。
その菌が皮脂やたんぱく質などの皮膚表面の汚れと混ざり合うことで、汚れは分解されます。
この「汚れを分解する際に出る臭い」が、汗の臭いの正体みたいです!

 

菌による分解が衣類の中で起こる!

この常在菌による分解作用は、皮膚の表面だけで起こるわけではありません。
衣類は肌に常に触れているため、皮脂等の汚れが付いています。
このように衣類自体に汚れがつくと、先ほどの分解作用が衣類でも行われるのです。
しかも厄介なことに、この分解作用が衣類の繊維の中で起こると、ニオイは繊維のより深くに染みついてしまうことになります。
普通に洗濯しただけで衣服のにおいがとれないのは、このように繊維の奥に臭いが染み付いてしまっているからなんですね…。

汗ジミは何故黄色くなるの?

この季節、気になるのは臭いだけではありません。
衣類に汗がつくと、その分が黄色くなってしまいシミになってしまうことがあります。
この黄ばみの原因は一体何なのでしょうか?

 

汗ジミの原因1・皮脂などの汚れ

洋服を着ていると、どうしても皮脂が服に付着してしまいます。
皮脂がついてもはじめは無色で分かりにくいですが、時間がたつと酸化して黄色くなってしまうのです。
特に皮脂は洗濯をしても洗い残ってしまうことが多いので、注意が必要です。
クローゼットなどにしまっておいたオフシーズンの洋服がいつの間にか黄色く変色してしまったら、それは皮脂が原因かもしれません。
皮脂以外にも汗に微量に含まれるたんぱく質やミネラル、角質などの汚れも蓄積すると黄ばみの原因になると言われています。

 

汗ジミの原因2・汗に含まれる色素成分

先ほど出てきたように汗のほとんどは水分でできており、無色透明です。
ですが、アポクリン腺から出た汗には、黄色っぽい色素成分を含んでいることがあります。
特に腋臭等の体質がある人はより色素の成分が若干強い傾向にあるようです。
脇の下など、一部のみが黄色く変色した場合、このアポクリン腺から出る汗が原因と考えられます。

 

汗ジミの原因3・日焼け止めや制汗剤

実は、日焼け止めや制汗剤などの成分も、黄ばみの原因となることがあります!
ショック…。
日焼け止めは特に襟元や袖口など、洋服がこすれる部分に付きやすいですよね。
これらの成分も、皮脂や汚れと混ざったり時間がたつことによって酸化してしまいます。
そうなると黄ばみの原因になってしまうんです。

 

インナーや衣服についた汗の臭いをとる方法とは?

インナーは衣類の中でも特に体と常に触れているため、汗の臭いがつきやすいですよね。
また、インナー以外の衣服にも臭いがついてしまい普通に洗濯しただけではとれない…
こんなことも梅雨などの季節にはありがちです。
こう言った時は、どのような対策をすればいいのでしょうか?

 

洗剤を変えてみよう!

衣類についた汗の臭いが取れない場合、最も手っ取り早いのは洗剤を変えてみるという方法です。
特に液体洗剤を使っている場合は、粉洗剤に変えてみましょう。
液体洗剤は、弱酸性や中性である場合が多いです。
皮脂も弱酸性のため、液体洗剤であるが故に皮脂を落としきれていないことが考えられます。
それに対して、粉洗剤は弱アルカリ性なので、皮脂やたんぱく質など臭いや黄ばみの原因となる汚れを落としやすくなります。
ただし、その分粉洗剤は液体洗剤に比べて洗浄力の強いものが多いので衣類も傷みやすくなってしまいます。
デリケートな衣類を洗う場合には、特に注意が必要です。
洗濯物の汚れに合わせて、洗浄力の強さを調整するように気をつけましょう。

 

漂白剤を使ってみよう!

洗剤を変えただけでは効果が感じられなかった方は、漂白剤を使ってみましょう。
一般的に漂白剤と言うと、塩素系の強いものを思い浮かべる方が多いかもしれません。
塩素系の漂白剤は、衣類の色まで一緒に落としてしまうため白い服以外には使えないのがネック。
インナーや衣服の臭い対策に漂白剤を使用する場合には、酸素系の漂白剤を使いましょう。

 

管理人

 

液体と粉、漂白剤はどちらのタイプを使うべき?

 

 

漂白剤にも洗剤と同様に液体タイプと粉タイプがありますが、粉タイプの方が高い効果が得られるようです。
酸素系漂白剤は弱アルカリ性のため、臭いや黄ばみの原因である皮脂などの汚れを分解し水の中に溶かし出します。

 

漂白剤の使い方とは?

使い方は、お湯に漂白剤を溶かし、30分~1時間を目安に漬け置きします。
その後は通常の洗濯物と同じように、洗剤を使って洗濯機で洗いましょう。
漂白剤は洗浄力はあまり強くありません。
漂白剤単体で使用しても汚れが残ってしまうことがありますので、洗剤と併用するようにしましょう。
ただし洗剤の中には漂白剤と併用できないものもあるため、使用する前には必ず商品の詳細を確認してください。

 

重曹でもにおいは落ちます!

衣類の気になる臭いを取るには、重曹を活用することもできます。
重曹は水に溶かすと弱アルカリ性になり、弱酸性の汚れを中和し溶かしてくれるのです。
漂白剤に比べて効果は強くないですが、じゅうそうは食品にも使われるものなので安心して使えるところが嬉しいですね。
よほど強い臭いでないのなら、漂白剤の前に重曹を試してみたらいいかもしれません。

 

重曹の使い方とは?

水1Lに重曹小さじ5程度を加えます。
そこに洗濯物を30分程度漬け置きして、あとはいつも通り洗剤を使って洗濯をしましょう。

 

汗の臭いがつくのを防止する方法検証!

洗濯をして汗の臭いをしっかりとったら、もう臭いがつかないようにしたいですよね。 そのためには、どのような工夫ができるのでしょうか?

 

臭いを防ぐために洗濯物はすぐに洗おう!

汚れた衣類は、溜めこまずにその日のうちに洗濯をするようにしましょう。
脱いですぐには臭いが気にならなくても、目には見えない汚れが酸化することで置いている間に臭いが発生してしまいます。
一度臭いが付いてしまったら、また取れにくくなってしまいますよね。
そうなる前に、素早く洗濯をしてしまいましょう。
また洗い終わった洗濯物は、洗濯機に入れたままにするとここでもばい菌が繁殖してしまいます。
洗濯が終わったら、できるだけ早く干すことが大切です。

 

洗濯物はしっかりと乾かしましょう

臭いを発生させないためには、洗濯物に汚れだけでなくばい菌も残さないことが大切です。
生乾きの状態だと、汗の臭い以外にもカビ臭さが付いてしまうことがあります。
このような衣類にはバイ菌がたくさん付着しており、そこに皮脂などの汚れが加わると簡単に臭いが発生してしまいます。
衣類を干す際には、風通しのいい場所で素早くしっかりと乾かしましょう。
日光の当たる場所に干すと、殺菌効果もあると言われていますのでより効果的です。
お天気の良い日には、是非日の下に洗濯物を干すことをおすすめします。

 

柔軟剤や消臭スプレーを使ってみるのもオススメ♪

衣類の臭い対策として、汗の臭いを抑える柔軟剤や洗濯を乾かす前に吹きかけるタイプの消臭スプレーも多く売られています。

「雨が続き洗濯物がぱりっと乾かない」
「汗をたくさんかいてしまった」

などいつもより臭いが気になりそうな時には、これらのグッズを上手に活用するのがおすすめです!

 

汗のにおいにおすすめの洗剤紹介!

それでは、ここから汗の臭いを防ぐのにおすすめの洗剤をご紹介します。

 

花王アタック 消臭ストロング(粉末)

花王の消臭ストロング

(引用:http://www.kao.com/jp/attack/atk_deodorant_00.html)

洗剤・化粧品など、多くの分野でトップシェアをほこる花王。
1980年代後半に発売されたアタックは、幾度も改良開発を重ね、日本だけでなく海外でも商品を展開しています。
アタック・消臭ストロングは、繊維の深部まで浸透して、体臭をとりのぞくのが特徴の粉末洗剤です。
普通のアタックより強い色合いのパッケージなので、ドラッグストアなどの店頭でも見つけやすいはず!
漂白剤・柔軟剤も入っており、除菌効果が高いのも嬉しいですね。
普段の洗濯で落ちない汚れには、つけ置き洗いをすることも可能です。
ほんのりとハーブの匂いがついているようなので、汗のニオイの元を消し柔らかい印象で仕上がりそうです♪
参考価格 900g \445(税込)

 

P&Gアリエール 消臭成分アップパワージェル(ジェルボール)

アリエールで洗濯物の汗の臭いを消そう

(引用:https://ariel.jp/ja-jp/shop/type/pods/ariel-power-gelball)

洗剤からヘアケア用品・化粧品まで幅広く商品を展開するP&Gの、アリエール。
「洗濯を科学する」と言う理念のもと、研究を重ねているブランドです。
ジェルボールの使い方は簡単で、ターコイズブルーの粒をひとつ洗濯機に入れるだけ!
お洗濯の際の計量が面倒な方にぴったりの設計ですね。
コンパクト洗剤を超えた消臭洗浄力と、アリエールの他の洗剤の50倍抗菌が特徴のようです。
公式ホームページにも記載されていますが、小さな形状ですのでお子様の手の触れないところに保管しましょう。
また濡れた手で触ると特殊なフィルムが溶けてしまうので、注意が必要です。
参考価格 本体18個入り \375(税込)

 

ライオンHYGIA(液体洗剤)

ハイジアでにおいを抑える

(引用:http://top.lion.co.jp/products/hygia/point/)

HYGIAは菌が増えるのを抑える「プレミアム抗菌」の効果で、様々なにおい菌に対応しています。
生乾きの臭いまで、徹底防臭。
公式ホームページでは、時間が経っても菌が増えない様子を動画で公開しています。
綿や化学繊維など様々な素材に効果があるのが特徴です。
タンパク汚れまでしっかりと落とす洗浄力で、臭いの原因を残しません。
容器は縦長のボトルなので、置き場所を取らないのもおすすめポイントです。
参考価格 本体450g \402(税込)

汗の臭いがつくのを防ごう!おすすめの柔軟剤とは?

汗のニオイに効果のある洗剤がわかってきたら、オシャレ着なども臭いを抑えて洗濯したくなりますよね。
洗剤に続いて、防臭に効果的な柔軟剤をご紹介します。

 

花王フレアフレグランス

フレアフレグランスは、女性の繊細なお肌にぴったりに、洋服を柔らかに仕上げる柔軟剤です。
抗菌効果・防臭効果が高いので、汗の臭いが気になる方にぴったり。
フレアフレグランスを使用するだけで静電気も防ぎますし、シワも出来にくくなります。
また、嬉しいのが、洗ったものの防臭だけでなく、汗や熱が加わることで華やかな香りをはなつこと。
2017年現在、香りは五種類展開されています。

  1. フラワーハーモニー
  2. ジェントルブーケ
  3. フローラルスイート
  4. スイートスパイス
  5. パッションベリー

それぞれ香水のように、幾種類ものかおりで構成されています。
その時々の気分によって使い分けても楽しそうですね。
参考価格 本体570ml \300(税込)

 

P&Gレノア 本格消臭スポーツ

消臭成分アップパワージェルと同じく、P&Gのブランドであるレノア。
本格消臭のレーベルは、スポーツをされる方の衣服に特化して展開されているようです。
本格消臭スポーツは、通常のレノアの180%の防臭消臭成分を配合し消臭効果は2倍。
レノアで販売されている柔軟剤の中で、一番のニオイを抑える力を持っていますので、大量の汗をかいてもその場で消臭してくれます!
臭いの元となる成分を、化学変化によって臭わない物質に変化させてくれるんですね。
他の洗剤や漂白剤とは混ぜないように使用するのが注意点です。
男性向けの青いボトルは、フレッシュシトラスブルーの香り。
女性向けの臙脂のボトルは、スプラッシュリリーの香り。
お好みで匂いを選べるのが嬉しいですね。
参考価格 本体450ml \251(税込)

 

THE LAUNDRESS ファブリックコンディショナー

ニューヨーク発の衣服ケアのブランド「THE LAUNDRESS」
スタートしたのは2004年ですが、日本でも直営店が続々と増えかなり認知度が高まりましたよね。
THE LAUNDRESSで販売されている柔軟剤は植物性。
赤ちゃんの衣類にも使えるような、優しい成分が特徴です。
香料ではなくエッセンシャルオイルを使用している香りは、柔軟剤は3種類。

  1. 一番ベーシックなクラシック
  2. 男性にもおすすめのレディ
  3. ソフトでやわらかいベイビー

洗剤・石鹸・シミ抜き剤・リネンウォーターやルームスプレーなどは、もっと様々な匂いで展開されているようです。
参考価格 本体475ml \3024(税込)

 

まとめ

いかがでしたか?
洋服類についた汗の臭い対策にも、様々なアプローチがあることが分かりました。
自分の汗くささへの対策が出来てきたら、身につけるものの匂いも気になってくるもの。
特に汗の臭いの気になる時期には、普段使いの衣類にも気をつけたいですね♪